じん臓・肝臓疾患別のペットフード・特別療養食を知っていますか?

ネコと犬のお話し

共に暮らす猫や犬のご飯は時代とともに変化してきました。
今の時代、残飯を与えているお家はないとは思いますが・・・・。

キャットフードやドッグフードの大切さを伝えたい・・・。

 

 

時代とともに人の意識も変わりそれに伴って猫や犬のご飯も変わってきた。
食事の内容が変わり、
その分猫や犬たちは私たちに寄り添い寿命を延ばしてきました。
健康でいて欲しいと願う気持ちに変わりはないが、
目をそらしてはいけない犬や猫が抱える病気と向き合う時間も増えてきた。
病気別に猫や犬をサポートできる食事を与えたいと考えませんか。
また、健康であれば今の状態を少しでも維持できる方向性をもって食事を与えたいと思うものです。
(経済的な理由などや考え方もありますから、決して強要するものでないと考えます。)
大事なことは猫や犬の体調を最優先する事。
それは、犬や猫だって食べ物の好き嫌いがあるし、アレルギーだってある。
良かれと思って与えたものが合わない時もあることを念頭に、与えるフードは
例え、サプリであっても、猫用、犬用であっても慎重にならなければなりません。
慎重にそして柔軟にともに暮らす人間が対応しなければならない問題ですよね。
お伝えする猫と犬のご飯は特別療法食と総合栄養食全
続きはまた、

ネコと犬のお話し

Posted by moonlight